Profile

40代主婦。
子どもは2人。
旦那さんと4人家族です。

現在、webデザイナー(コーディングより)で仕事をしています。

我が家の家計簿は火の車です。

自分が起業して収入を上げない限り、返せない借金があります。

このブログは、webデザイナーの話ではなく、自分と向き合って思ったこと、行動したことを書いていきます。

そして、私が実際に自分と向き合っていく過程をこのブログに全部書いていくことによって、

  • 同じような境遇の方
  • 同じように我慢して生きてきた方
  • 自分の中がなんかモヤモヤする人

が、一緒に「自分の自由な感情」を見つけていって欲しいなと思っています。

そして「この気持ちは一人ではないんだ」と、安心できる場でもあって欲しいと思っています。

心が窮屈になってしまっている女性が、生まれてきたことに感謝できる世の中になって欲しいと心から願っています。

----------------過去の話

【小さい頃】

親から聞くと保育園の頃の私は
お友達と遊ぶより、自分一人でやりたい遊びをやるタイプだったようです。

みんなが園内で遊んでいても私だけ園庭で遊んでいたり、先生から心配されるような存在だったらしいです。

全く覚えていませんが。笑

小学校ではなぜか目立つ存在でした。
手を挙げてもいないのに、市の本のモデルに抜擢されたり、鼓笛隊に入っていないのに指揮者やらされたり・・・。

(モデルに抜擢って聞くと、めちゃくちゃ可愛い子想像しますよね?
違います。結構太ってて二重アゴ、歯も前歯上下スキッパで、とてもじゃないけど原石とは言えない私ですけどね。今思い返しても何で私?ってなります。笑泣)

で、そのまま中学。

中学では生徒会に入ったり(これも自主的ではなく他推薦で)陰険暴力の先生のクラスになってしまい、毎日怒られないかビクビクしていたり、他の生徒のいじめを見たり、いじめられたり。

こう振り返ってみると、目立つところにはいたけれど全て自主的ではなく、人に言われてやっていた感が半端ないです。

特に大人から言われることは守っていました。
自分という人間が萎縮していった時期でした。

高校に入ると、その真面目キャラが流石に辛くなってきて、特に女子仲間にこびるわけでもなく、目立つ女子たちに文句を言われても気にしないようにして、後半は恋愛に溺れて学校もあまりいきませんでした。

親は高校から不真面目になったと、よくケンカするようになりました。

今考えると、私の話を聞いてくれる人がいなかった気がします。
友達もいない、親は、良い子だった子がいきなり学校行かなくなるは、ピアス開けるは髪染めるはで多分、納得がいかなかったのでしょう。

私の意見はそこにはなく、頭ごなしにいつも叱られていました。

大学進学ははなから考えていなく、自分のしたいこともない。
姉から行ってみれば?と言われた専門学校に入学。

その専門学校も自分のしたかったことではなく、とりあえずどこかに行かなくちゃ行けないのだろうとの先入観から決めて入ったところだったので

結局あまり行かず。

最後の方に卒業するための補講を受けた記憶があります。

(学校を途中で辞めることはいけないことという固定観念が強かったです。毎日のように親に叱られ、これ以上叱られたくない、ダメな人間だと思われたくなかった、だから高校も専門学校も辞める選択は自分の中に全くありませんでした。)

専門学校途中で家出もし、卒業してから定職にも就かず、遊び放題の毎日を送りました。

この頃の私はここに書き切れないほど、いろいろな経験をします。

・中絶
・遊ぶお金欲しさの借金
・キャバクラでのバイト
・パニック障害
・一人暮らし
・姉と同居
・夜の商売のお客さんの家に住む
・住んではいけない違法のマンション一室に住む
・3年以上続かない複数回にわたる転職
・アル中との同棲

友人からはいつもどこに住んでいるかわからないと言われていました。

今振り返ってみると、よく死ななかったなーと思います。苦笑

【結婚してからの私】

一度、物販のネットショップ起業をした経験があります。

しかし、一人でやっていく仕事内容に限界を感じ、不妊治療を経て妊娠したキッカケで一度手放しました。

今考えると本当にやりたかったことではなかった、情熱を注ぐことができなかったのでその先に進めなかったんだなーと思います。

その後、好きだったPCの勉強をしようとwebデザイナーの道に進みます。

学びはじめは再度自宅で起業しようと思っていたのですが、webデザイナーの学校で、フリーになる前に就職した方がいいと聞いたり、子どもの保育園問題もあったので、なぜか急に方向転換。急いで就活しました。

結果、未経験のwebデザイナー就活はことごとく惨敗。
仕事内容ではなく、待遇の良さから選んだ週4時短の派遣社員に決定。
子どもも急遽、認可外の保育園に入園決定しました・・・

いざ働きはじめると、やりたくない仕事に時間を取られ、自分のwebデザイナーとしての活動時間はほんの少し。
保育園の保育料は二人分で10万越え。私の給料以上の保育料でした。

しかも給食もなく、毎朝4時おきでお弁当を作って残りの時間で勉強する日々。

何のために働いているのだろう。
何のために保育園に入れたのだろうと自問自答する毎日。辛い日々でした。

長くなるので、その後の話は別記事で書いています。

私のwebデザイナーストーリーNO.1

 

 

 

© 2021 自分と向き合うサイト Powered by AFFINGER5